挑戦あるのみ。走って走って走りまくれ!

老後の不安を感じるなら、アパート経営やろうぜ

結構、20代、30代を中心に、日本人の多くは、老後の生活に不安を感じているみたいです。

公益財団法人 生命保険文化センターが2013年に行った意識調査によると、「老後生活に不安あり」と答えた割合は86%だったみたいです。

その理由のトップは「公的年金だけでは不十分」で81.4% (+_+)

平成25年度の厚生年金受給権者の平均年金月額は約15万円です。

月々この収入だけで現役時代の生活レベルを維持できる人は少ないです。

しかもこの金額は、少子高齢化などの理由で今後さらに少なくなっていくことが目に見えています。

公的年金をあてにできなくなってしまった昨今、ほとんどの人が経済的な理由で老後に不安を感じているのは当然だと思います。

 

そんなに不安ならば、若いうちからお金を貯めれば良いと思ってしまうのですが、

これがそんなに簡単ではないんです。

アベノミクスなどによって株価は上がり、様々なメディアでは景気が上向いているように報じられていますが、一般的なサラリーマンでそれを実感している人は多くないはずです。

しかし、社会保険料や消費税による支出の増大や扶養控除など各種控除の縮小、撤廃で可処分所得の減少を強いられています。

 

そのような状況で夫婦2人に必要な老後資金は約5,000万円といわれているんです。

WS000688

仮にこれから30年働けたとして、必要額までには年間約170万円貯めなくてはいけません。

将来の子供の教育費、やマイホーム購入資金を考えれば、かなりハードルが高いをいえるのではないでしょうか。

そこで資産運用を考える訳ですが、これにはリスクを取って資産を増やすという危険なイメージを持つ人も多いようです。

たしかに株はFXといいた少ない資金で大きく儲けられる方法は「ハイリスク・ハイリターン」です。1日で価値がゼロになってしまう可能性があるからです。老後の生活に支障を託すにはリスクが大きすぎると言っても過言ではありません。

 

一方で給与だけをあてにし、ほかに何もしない将来設計も非常に危険です。

射また資産運用は、サラリーマンにとっても激動の時代を生き抜く必須科目といえるかもしれません。

ならばできるだけリスクを取らずに着実に資産を増やす方法として、マンション経営(区分万章を使った不動産投資の事。)

はどうですか?

 

マンション経営は「ミドルリスク・ミドルリターン」といわれています。なぜなら不動産の価値は、将来にわたってゼロになることがほぼ無いからなんです。

ところが一般的には

「何千万も自己資金が必要なのでは?」

「空き室になったらどうするの?」

「借金だけが残って大きく損をする」

といったマイナスイメージが定着しているようです。

しかし、現在これからのイメージの多くは現状とは異なります。

マンション経営は、やり方によってはさらにリスクを抑え「ローリスク・ミドルリターン」とする事もでき、

普通のサラリーマンでやOLでも安心・安全に続けられる資産運用の方法です。

 

実際に、私、マンション経営者ですが、思っていた以上に簡単に、あっという間に経営者になれました^^

不動産を持って資産運用したい方ってたくさんいると思います。


でも上記のような悩みや不安があるかと思いますが、

勇気を持ては、マンションが持てるようになります!
ここまで読んで頂き、ありがとうございました^^
私ですが、ブログサークルをたちあげました

 

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

 

今までのブログを読んで、興味がありましたら、是非参加してください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
参考文献:「クイズで学ぶ資産形成入門 サラリーマンのためのマンション経営一問一答」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:『まもすけ@空手家』

まもすけ
千葉県生まれ。37歳。小学生の子供が2人いて、楽しく人生を謳歌しています!またアパート経営をやっている資産家です^^
詳細プロフィールはこちらから

Twitterのフォローよろしく