挑戦あるのみ。走って走って走りまくれ!

3棟目のお宝物件を選定中です

 

3棟目物件購入ストーリー

ws000827

3件目を購入するにあたり、いくつかこの物件は融資通りそうか?
と今お世話になっている業者さんに
問い合わせをして調査依頼をしてもらってました。

その結果が来たのですが、

『埼玉の物件をS銀行に評価出ししてもらいました。埼玉の物件は価格、利回り良好でしたが、借入期間が35年組めない為(鉄骨造は平成7年築以降が好ましい)、残念ながらS銀行ではこれらの物件は無理でした。

また、千葉の物件は4,000万円を超えていますので、利回り12%(月収で40万円)欲しい』

という銀行からの回答だったみたいです。

 

結果はダメでした。

まぁ、それは仕方ないですね。
縁が無かったと諦めて次を探すか、探してもらうしか有りません。

まさに宝探しです。

業者さんもいくつか調べてもらっているので、待ちですね。

個人で買えるギリギリまできているので、融資枠も少ないし、そりゃあ、
購入出来る範囲も限られてくるわけですから。

 

でも、ここは業者さんの力量が問われるとも思います。

業者さんの意地を見せてほしいものです。僕ら一般人が見れない、ネットに公表される前の非公開物件を業者はいち早く見れるわけですから。

 

なので業者さんとは、絶対に仲良くなっておくべきです。

でも、あまりにもしつこく聞きまくると、引かれますので、そこは注意が必要ですし、信用されてないと思われてしまう可能性もあります。

業者の力を信じていくことも大事です。
1つ物件を買ったあと、買った業者とは、ほとんど連絡も来ることも減るし、相手にはされなくなります。

僕が2棟買った業者はそれぞれ別業者でしたが、今はほとんど連絡は来ません。

 

一期一会かもしれませんが、その一時を大事にし、購入までは全身全霊を込めて、その業者とお付き合いしてください。

2棟買った業者に、次に良い物件あったら教えてくださいと言ってますが、連絡なんて来やしません(笑)

 

そりゃそうですよね。業者も僕以外に何人ものお客を抱えている訳ですから。

何度も言いますが、その一時を大事にしましょう。

 

業者さんに感謝の気持ちを持つことです。

こちらが金を払っているんだっていう気持ちでいき、横柄な態度を取るのも良くありません。

業者さんは、僕の代わりに購入物件の視察もしてくれます。

疑う気持ちもあるかもしれませんが、信用しないといけません。

こちらが横柄な態度だと、テキトーになる可能性だってあるかもしれないですからね。

 

まとめ

 

無理な物件は即座に忘れて、次の物件を探す事。

業者とは良き付き合いを。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:『まもすけ@空手家』

まもすけ
千葉県生まれ。37歳。小学生の子供が2人いて、楽しく人生を謳歌しています!またアパート経営をやっている資産家です^^
詳細プロフィールはこちらから

Twitterのフォローよろしく