挑戦あるのみ。走って走って走りまくれ!

空手強くなりたい37歳オヤジ奮闘記

ブログを見ていただきありがとうございます。

まもすけと申します。

空手を始めて4年目になります。

息子と一緒に始めたのですが、今では僕の方がハマってしまっています。

去年の11月の組手大会で初優勝し、そして2015年7月の大会も優勝する事が出来ました。

なんでもそうですけど、継続して続けるって大事ですね。

そんな僕が、どうして勝てる事が出来る様になったか?

僕の体験記も兼ねて書いてみたいと思います。

 

WS000229

空手に限らないのですが、空手が強くなりたいなら、空手をやるしかないんです。

当たり前かもしれませんが、筋肉ムキムキになるくらい筋トレしたって、空手は強くなりません。

それだったら、ボディービルダーは空手が強い人でしょうか?

筋肉ムキムキなのであればいいって訳でもないんですよね。

別にボディービルの選手を否定している訳でもありません。実際僕も大会出ようと目指していましたし。

あの肉体はかっこいいですし、憧れます。

 

じゃあ何が言いたいのかって事なんですが、目的にあったトレーニングをした方が良いって事です。

ボディービルはボデービルのトレーニングがありますし、

空手空手のトレーニングがあります。

 

 

例えるならば、自転車乗れない子供に自転車が乗れる様にする為に

何をさせますか?

自転車に何回も何回も乗せて練習させますよね。

そして何回も反復練習して徐々に慣れてきて自然に乗れるようになる。

筋トレなんかやらせないし、とことん自転車に乗せると思うんです。

って事は、空手が強くなりたいなら、空手をやるしかないんです。

実践あるのみです。

でももっと、早い突きや俊敏に動けるようになりたいですよね。

 

 

僕もなりたいっす。

 

じゃあどうすれば良いか?

 

それは空手の動きに対して負荷をかければ良いのです。

例えば、突きの練習時、ペットボトルなど持って負荷を掛けて突きを練習しています。

 

動きが早くなりたければ、重りつけて空手の練習しています。

空手を強くなるためにこういうトレーニングをして、結果ムキムキになるんです。

最初からムキムキ目指してトレーニングするのはちょっと目的が違います

ムキムキ目指してトレーニングするならそれは構いませんけど。

トレーニングするなら目的を持ってやる。

空手が強くなるなら空手をやる。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:『まもすけ@空手家』

まもすけ
千葉県生まれ。37歳。小学生の子供が2人いて、楽しく人生を謳歌しています!またアパート経営をやっている資産家です^^
詳細プロフィールはこちらから

Twitterのフォローよろしく