挑戦あるのみ。走って走って走りまくれ!

アパート・マンション経営に手を出すとサラリーマンとしての時間が削られるのか

アパート・マンション経営に手を出すとサラリーマンとしての時間が削られるのか?

マンション経営を検討する際に、購入資金と並んでもっとも不安になるのが物件の維持・管理への手間ではないでしょうか。『家賃の集金はどうするの?』『入居者同士でトラブルになったら?』アパート・マンション経営を始めると、サラリーマンとしての本業に対してかなり時間が取られてしまうのではないかと思いでしょうか?

○or×

 

 
Answer

×です。

WS000776

 

 

不動産の維持・管理には『建物管理』と『賃貸管理』の2種類があります。前者は建物の清掃や補修など、後者は入居者の募集、集金、クレーム処理などを行います。

 

これらは、物理的にやろうと思えばできますが、実際にやっているオーナーはほとんどいません。私もそうです。ほぼ全員がプロである管理会社に委託しています。やはり餅は餅屋なのです。毎月家賃の数%支払うことで前述の業務を請け負ってくれます。

 

多くのアパート・マンション販売会社がこの業務も行っているので、物件購入と同時に契約を交わすケースがほとんどです。

 

ただし、その内容には気を付けなければいけません。業者の中には集金するけど、入居者が滞納するとそのサポートはしてもらえなかったりと半端な契約をするところもあります。どこまで責任を持って仕事をしてくれるか確認することが大事です。納得できなければ、インターネットなどで探せばいくらでも適切な業者をみつけることができます。

 

賃貸管理契約の中でも家賃の集金を代行するだけでなく、さらに手厚いサービスがあります。管理会社がマンションを一定期間借上げ、入居者の有無にかかわらず家賃が支払われる契約です(以下サブリース契約という)。

 

この契約を締結することで物件の管理・維持だけでなく空室の心配からも解放されます。つまりオーナーはほぼノータッチで毎月通帳に家賃が入ってくるわけです。これが多忙なサラリーマンでもマンション経営を続けられる理由です。

 

強いてやることをあげるとすれば毎年行う確定申告の手続きと、管理組合総会の出席くらいです(私はアパートなので有りませんが・・・)。安心して任せられる建物の管理会社と契約しているお客様場合は、総会はほとんどが委任状で任せているのが現状です。これは管理体制に問題がない証拠です。

 

サブリース契約を締結してしまえば、オーナーの手を煩わせることはほとんどないといえるでしょう。

 

ちなみに契約内容は会社ごとに異なるのでよくチェックしましょう!!

まとめ

①サラリーマンオーナーのほぼ全員がアパート・マンションの管理を管理会社に委託している。

②サブリース契約を締結することで空室の心配からも解放される。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:『まもすけ@空手家』

まもすけ
千葉県生まれ。37歳。小学生の子供が2人いて、楽しく人生を謳歌しています!またアパート経営をやっている資産家です^^
詳細プロフィールはこちらから

Twitterのフォローよろしく