挑戦あるのみ。走って走って走りまくれ!

オリンピック開催前がアパート・マンション経営のチャンスなのか

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。

雑誌やテレビなど様々なメディアでは「オリンピック開催前は必ず景気が上向く」といっています。景気が上向けが本当にマンション経営のチャンス到来なのか?

WS000746

 

 

Answer

〇なんです。

東京オリンピック・パラリンピックの経済波及効果は、およそ3兆円といわれています。また雇用誘発数は、およそ15万人。なかでも開催地である東京都の効果は大きく、およそ1.7兆円、8.4万人です。少なくとも今から2020年までは、首都圏を中心に景気が上向くのはほぼ間違いないです。

 

一般に景気が良くなれば、地価も上がります。その証拠として下の表にある1988年に開催された長野オリンピックのデータを見てください。

 

WS000745

 

開催が決定したのはバブルが崩壊した1991年。全国の地価が一気に下がり始め、2000年には1991年に比べて70%も低くなっています。

 

一方で長野市の地価は徐々に上昇し、五輪開催後の2000年には1991年に比べて20%以上高くなっているのです。今回の東京オリンピックも、バブルのような異常な景気の高騰ではなく、適切な景気の底上げがなされればこの傾向は今後の首都圏にも当てはまる可能性は高いです。

 

また、首都圏の地価上昇を後押しする要素は他にもあります。それは東京都による「アジアヘッドクォーター特区」計画です。

 

これは、アジアに置ける企業拠点を東京都へ集積させることを目指し、都内に特区を設けて推進するプロジェクトです。都はアジアの業務統括拠点を設置する外国企業に対する優遇税制などを掲げ、2016年までにアジア地域の500社以上誘致することを目標としています。

 

その経済波及効果は約14.6兆円、雇用誘発数は約93万人と試算されています。東京が五輪開催前で世界中から注目されている今だからこそ、実現可能な数字ではないでしょうか。

 

五輪開催決定とアジアヘッドクォーター特区計画で、首都圏の地価上昇はますます確実視されています。

 

つまり、不動産を買うなら、五輪前、しかも早ければ早いほど、お得になる可能性が高いです。五輪が終われば不動産は大きく値下がりするのではないかと不安になる方もいますが、首都圏に関しては、相場観から著しくかけ離れている物件を購入しない限り、大きく価値が下がる可能性は低いといえます。とはいえ、マンション価格の高掴みには注意が必要なので、気を付けてくださいね。

 

まとめ

2020年の東京オリンピックに向け好景気が期待でき、首都圏はその先も「アジアヘッドクォーター特区」計画などで見通しが明るい。ただし、高掴みは禁物。

では、また!

お問い合わせはこちらまで

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:『まもすけ@空手家』

まもすけ
千葉県生まれ。37歳。小学生の子供が2人いて、楽しく人生を謳歌しています!またアパート経営をやっている資産家です^^
詳細プロフィールはこちらから

Twitterのフォローよろしく