挑戦あるのみ。走って走って走りまくれ!

世界のメガシティの中で2025年に人口第一位が予想される大都市はどこ

 

世界のメガシティの中で2025年に人口第一位が予想される大都市は?

WS000750

不動産都市の中でも比較的始めやすいアパート・マンション経営にとって、もっとも大きなリスクは空室です。空室対策として1番有効なのは、人口の多い場所の物件を選ぶこと。日本でもっとも人口が多いのは東京(ここでは一都三県、東京圏を指す)です。

 

しかし、現在多くてもこれから減少するようでは、長期間の所有前提の賃貸経営では困ります。では、東京の人口は今後どうなっていくのでしょう。

世界のメガシティの中で2025年に人口第1位と予想されている都市は次のうちどこでしょうか?

1.北京

2.東京

3.ニューヨーク

 

 

 

Answer

2.東京

世界的な経営コンサルティング会ブース・アンドカンパニなどの分析によると、世界のメガシティ(人口1千万人以上)の中で2025年の人口予想第1位は現在も1位の東京(3,460万人)でした。

 

北京は15位で1,450万人、ニューヨークは7位で2,060万人です。世界のメガシティの中でも、東京が優れているポイントは、数えきれないくらいあります。

 

まず、年間輸送人員世界一を誇る最先端の鉄道網。特に都内では電車と徒歩で行けない場所はないといえます。車の免許を持たない学生や高齢者にも便利な都市なのです。

 

そして、治安の良さ。イギリスの新聞「エコノミスト」の治安の良い国&都市ランキングの最新版(2015年度版)で東京都はみごと第1位に輝きました。これは世界の50主要都市をデジタルセキリュティ度、医療保障度、インフラストラクチャーの安全度、個人の安全度の4つのカテゴリーから分析した結果です。3位にも大阪府がランクインしているので、日本の治安の良さが分かります。

 

さらに、都市圏GDP(都市圏総生産)でも東京はニューヨークを抑えて世界1位だったり、美味しいレストランを紹介するミシュランガイドの星の数も世界1位だったりなど、グローバルに誇れることは数えたらきりがありません。

 

それでいてちょっと足を延ばせば、奥多摩や箱根などの自然豊かなところに行けます。実は世界の中でもこんな住みやすい都市はないんです!(^^)!

 

このように最先端のインフラなどが整い、住みやすさバツグンのの東京の人口が、2025年になっても増え続ける理由はほかにもあります。

それは世界中のどの国も経験したことのない超高齢化社会に、日本がどこよりも早く突入していることです。

超高齢化社会は、いずれ世界の国々が直面します。そのフロントランナーとしての経験が政治、経済の成長、そしてあらたな整備につながり、より住みやすい都市へ発展すると予想されているのです。

人口減が予想される日本ですが、上記理由により東京はその心配が限定的でしょう。

 

また、大阪も東京と同様であることが予想されます。

まとめ

①世界のメガシティの中で、2025年の人口予想第1位は東京。

②東京は超高齢化社会への先駆者としてより住みやすい都市へ発展すると予想されている。

 

メガシティのとは

国連の定義によると、メガシティとは1,000万人以上の人口が居住する都市を意味する。2005年時点、世界には20のメガシティがあるが、1975年には東京とニューヨーク、メキシコシティの3都市だったので、30年で新たに17のメガシティが登場したことになる。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:『まもすけ@空手家』

まもすけ
千葉県生まれ。37歳。小学生の子供が2人いて、楽しく人生を謳歌しています!またアパート経営をやっている資産家です^^
詳細プロフィールはこちらから

Twitterのフォローよろしく